食事でワキガ対策!?ワキガを和らげる食べ物、悪化させる食べ物

毎日気になるワキガのニオイ。周りの人の何気ない態度や仕草が気になりますよね。デオドラント用品やサプリメントを飲んで対策することが手っ取り早いですが

・肌が弱く

・サプリを飲むのが苦手

・さらに金銭的にも

余裕がない、、、というケースもあります。

デオドラントやサプリメントに頼らず、食生活で対策できたらいいのに、と思ったことはありませんか?

今回は食べ物や飲み物で、ワキガのニオイを和らげることができないか、いろいろと調べてみました

食事で「ワキガ臭」を緩和したい!

皆さんはデオドラントやサプリメントは毎日お使いでしょうか。

私の妻の場合、就寝前と外出する前にデオドラントクリームでケア。体臭を消す消臭サプリメントは毎日服用。たまに物足りないときはもう一粒多めに飲んでいます

妻のワキガは多汗と併発したタイプだったので、汗やワキガのニオイを気にしすぎてストレスになるより、ニオイ対策グッズで楽になった方が良いと考えていたのです。

けれどもあまり頼りすぎるのも良くないな、と思ったことがあります。

その場しのぎにデオドラントや消臭サプリメントでワキガ臭を抑えても、同じことの繰り返しで、お財布にやさしいものではありません。

できればニオイ対策グッズに頼りすぎず、食生活を工夫することでワキガ臭を緩和できたらいいですよね

ワキガ臭を和らげる食べ物

ワキガ臭がひどい人は肉中心の食生活をしている人が多い[注1]と聞いたことはありませんか?

参考文献:[注1]肉食(畜産)が影響を及ぼす 肉食の弊害 

けれども、魚や肉に含まれるタンパク質は体を作るために、とっても大事な栄養素。

食べる量を抑え、普段から植物性タンパク質をたくさん摂れるように、一汁三菜を基本とする日本の食事スタイルにしたいところです

普段から植物性タンパク質を摂取

タンパク質は主に人間の体の組を形成する成分で、生命を維持するために重要な栄養素です

植物性タンパク質を豊富に含む食材といえば、まず大豆が浮かびますね。畑の肉と呼ばれている大豆には、肉に匹敵するほどのタンパク質を豊富に含んでいます

一般的に良質なタンパク質を豊富に含む代表的な食品は肉や卵ですが、動物性のタンパク質になり、これらを摂りすぎると、腸内で腐敗を起こして、便の悪臭を強くし、体臭も強くなります[注2]

一方、植物性のタンパク質は、栄養価が少し劣ると言われていますが、豆腐の原料となる大豆のたんぱく質は、肉や卵に負けない良質のタンパク質が豊富[注3]

さらに食物繊維もまたふんだんに含んでいるため、有害物質がスムーズに排せつされます[注2][注4]

これは、実際にベジタリアンの便が臭わない[注2]ように、便はニオイのバロメーターでもあるのです

参考文献:[注2]肉食(畜産)が影響を及ぼす 肉食の弊害 

参考文献:[注4]動物性と植物性タンパク質の異なる栄養生理作用の発現機構

また、植物性タンパク質は消化されやすく、とくに大豆のタンパク質は、納豆で91%、豆腐で95%ほどの消化吸収率[注3]であり、効率がとても良い食品になります。

参考文献:[注3]大豆について 畑の肉としての大豆

他には大豆と野菜の2つの特性を持った枝豆、タンパク質を100gあたり5g以上も含んでいる芽キャベツ[注5]穀類ではトウモロコシ、つなぎ用の小麦粉の量が少ないお蕎麦なんてものあるんですよ[注6]

参考文献:[注5]野菜のたんぱく質量を知ろう

参考文献:[注6]ソバの安全性、高品質性、収量安定性の鍵となる遺伝情報の発見

豆腐、枝豆、芽キャベツ、トウモロコシ、蕎麦など

抗酸化作用が期待できるビタミン

続いて体の酸化を抑えるビタミン[注7][注8]では、家庭果樹としても人気の柿はビタミンCがたっぷり。柿に含まれるビタミンCはミカンやイヨカンなど、かんきつ類の約2倍の量を含みます。

参考文献:[注7]活性酸素と食品中の抗酸化物質

参考文献:[注8]ビタミンCでエイジングケア

また、柿の葉は熱にも熱に強いビタミンCとタンニンを含み、果実同様の効能が期待できます。

けれどもタンニンは、体内で鉄と結合して、鉄分の吸収を妨げるので、貧血ぎみの方は、食べ過ぎないようにしましょう。[注9]

参考文献:[注9]鉄と貧血

食事のあとにはキウイフルーツ、1日約10粒でビタミンCが補給できるイチゴ、熱に強いピーマンやビタミンAとして働く成分を多く含む緑黄色野菜なども。

柿、キウイフルーツ、イチゴ、緑黄色野菜など

強い抗酸化作用があるビタミンEは、しょうが、とうがらし[注10]モロヘイヤ、かぼちゃの他にも、アボカドや玄米があります。

参考文献:[注10]活性酸素と食品中の抗酸化物質

善玉菌を増やす食材では、食物繊維がたっぷりで腸内の環境を整えるゴボウや海藻類、ビフィズス菌を直接補給できるヨーグルト[注11]や味噌などを積極的に摂取していきましょう。

参考文献:[注11]ビフィズス菌 とその検 査法

アボカド、玄米、ナッツ類、ゴボウ、海藻類、ヨーグルト、味噌、アルカリ食品など

飲み物は緑茶や紅茶を積極的に

緑茶や紅茶に含まれているカテキンには、体内でニオイ物質が生み出される段階で、ストップをかける働きがあります。

その上、抗菌作用も強いため、ワキガのニオイ対策に期待ができるので[注12]お茶などの水分を積極的に摂りましょう。

参考文献:[注12]シャンピニオンエキス・柿渋エキス配合サプリメントによる体臭改善効果

ちなみに、柿の葉からも口臭や加齢臭など体臭予防が期待できる「柿タンニン」いわゆるポリフェノールが多く含まれていると知られているので[注13][注14]柿に葉茶もいいですよ。[注15]

参考文献:[注13]柿の葉茶浸出液のヒト飲用試験による食後の血糖上昇抑制効果

参考文献:[注14]柿タンニン

参考文献:[注15]固相マイクロ抽出法に基づく体臭成分の高感度分析法の開発と香粧品・食品摂取やストレスによる体臭変化の解析

カテキンを含む緑茶、紅茶、柿の葉茶など

ワキガを悪化させる食べ物とは

ワキガのニオイをひどくさせないためには、やっぱり和食を積極的に取り入れたほうがいいでしょう

元よりワキガは病気ではなく体質であるため、偏った食生活も大きな原因となっているからです。

食生活とワキガ体質の関係性

それはワキガ体質の人が多い国ほど、肉食中心という食生活が大きく関わっていること

肉類には動物性脂肪が豊富で、他にも脂肪酸、中性脂肪が含まれているので、こうしたものを摂取すると汗腺類が活発になり、体臭を強くします[注16]

参考文献:[注16]肉食(畜産)が影響を及ぼす 肉食の弊害 

また、動物性タンパク質をたくさん摂取する偏った食生活をしていると、食物繊維やオリゴ糖が豊富な野菜不足になりかねません

野菜が含む栄養素は、ビフィズス菌を代表とする善玉菌の生育には欠かせないものであるため、野菜不足の生活が続くと腸内の善玉菌が減少し、便秘を促します

次いで、悪玉菌が増加・腐敗すると、アンモニアなどの腐敗産物、つまりニオイのもととなる成分が生成。

その腐敗産物が腸から血液中に吸収され、体内を巡って発散されることで「口臭」や「体臭」につながるのです[注17]

参考文献:[注17]江崎グリコ株式会社 「⼝臭」「体臭」「トイレ(便)・おならの臭い」

肉類には動物性脂肪、脂肪酸、中性脂肪が含まれている

ニオイを強くする動物性脂肪

加えて昔はそれほど摂ることがなかった生クリームやバター、チーズなどの乳製品も汗腺に影響し、結果的にはニオイを増加させます

この他、香辛料たっぷり使ったエスニック料理や高い刺激性がある食品にも注意が必要です

それのみかファーストフード店などの揚げ物や、いっぱい油を使った料理には劣化を防ぐために脂肪酸を含んだ油が使われています。

これも汗腺類を刺激して、皮脂にそうした成分が付着して、強いニオイがする汗になるのです[注18]

参考文献:[注18]最新の栄養学と生活習慣病

生クリーム、バター、チーズなどの乳製品、エスニック料理、ファーストフードなど

お酒とタバコはワキガ臭を悪化

あなたはお酒を飲まれますか?もしそうであればお酒を飲んだあとは体が暑くなって汗がよく出るとか、ワキガ臭が強くなったと感じたことはないでしょうか

お酒には発汗作用があり、エクリン汗腺から分泌される一般的な汗だけでなく、アポクリン汗腺も刺激されて、ニオイがする汗も分泌されるのです。

さらにお酒が体内で分解されることで、強いニオイを生成する物質に代わります。

これによって汗とニオイ物質が合わさり、ワキガ臭を強くしてしまうのです。それからタバコも同様に、体を冷やし血管が収縮させるので体の酸化が進んでしまいます。

このような刺激物は発汗をうながし、ニオイそのものも強くしてしまうことが知られているのです。

愛飲家や愛煙家には悲しい現実ですが、ワキガが気になる人は、できれば控えたほうがいいでしょう[注19]

参考文献:[注19] 香粧品使用、食品摂取、ストレスや喫煙などによる体臭への影響

アルコール類、タバコなどもアポクリン汗腺を刺激する

【関連記事】ワキガの原因である「汗とニオイ」については下記の記事で詳しく解説しています。

ワキガの臭いってわからない!どんな種類があるの?
もしあなたがワキガで悩んでいるとしたら、どんなニオイなのか、どれぐらいのものなのか分からなくて困りますよね。 ニオイを数値で表すことが...

食生活を工夫するだけでは限界がある!?

ここで注意してほしいことは食事の対策だけでワキガを「完治」させることはできないということです

ワキガはアポクリン汗腺の大きさや数によって決まるものなので、根本的な治療をしない限り、上手につき合っていくしかありません[注20]

参考文献:[注20]腋臭症の診療方針の立て方と治療

しかし先にふれたように、ワキガ臭の強さは食生活の工夫によって大きくかわります。ワキガが軽度の人なら「ワキガが完治したのでは!?」と誤った解釈する場合もあるそうですよ。

そうしたものを意識して取り入れることはとっても重要ですが、経験上、実現するのは簡単ではありません。

ワキガは思春期から始まるため、とくに育ち盛りのお子様の場合「あれもこれもダメ」とその要求通りにしてしまうと追い詰められて辛くなるでしょう

その時期は栄養価が高い肉類や乳製品を体が求めるのは当然なことなのです。

加えて糖尿や高血圧などの生活習慣が発症原因に深く関係している人は、食事制限がプラスされているため、このことが精神的な負荷になりがち

そうしてやり過ぎた食事の制限をしたため、これらのことが大きなストレスとなって汗の分泌をあおり、かえって体臭を悪化させたり症状の報告[注21]もあることも理解してほしいのです

参考文献:[注21]シャンピニオンエキス・柿渋エキス配合サプリメントによる体臭改善効果

【関連記事】食事の対策と合わせて使うことにより、ワキガ臭の抑制に期待ができるデオドラント剤を下記記事で紹介していますので参考にしてみてください。

【クリアネオ】が気になる人必見!実際に使ってみてわかったこと
さまざまなデオドラント剤が出回っている中、クリームタイプで最も人気があるワキガ専用デオドラントクリーム、それがクリアネオ(cleaneo)で...

最後に

・肉中心の食生活の人にワキガ体質が多い

・食事の摂り方によってワキガ臭はかわる

・基本的に和食がおすすめ

・食事の対策だけではワキガを完治できない

・過度な食事制限は症状を悪化させてしまう

食事での対策はひたすら続けることが非常に大切なポイント。実践したからといって、スグに効果が表れることがないので、一人のときはついつい手を抜いちゃいます。このように毎食バランスよく食事をすることって以外に難しくことなのです。

どうしても難しく感じたときは、デオドラントやサプリメントに頼るのもいいでしょう。たまになら手を抜いてもできると思うと、気負うことなく日々の食事を制限できますよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする