誰にも言えない【スソワキガ】の対策法とは!?

スソワキガは多くの女性を悩ませています。

鉛筆の芯のニオイ・香辛料のニオイ・ネギやニラ、ニンニクなどの鼻につくニオイ・尿臭・腐った肉のような吐き気をもよおすようなニオイなど、ニオイの感じ方は人それですが「臭い」という思いは共通です[注1]

参考文献:[注1]マンダム 日本人男女の腋臭(ワキ臭)の違いを明確化

また、スソワキガの悩みは場所が場所だけに、他人とも比べることもできず、また相談もしにくいため、一人で悩んでしまい、当の本人もなかなか対策の決心がつかず気後れしていまいがちです[注2]

参考文献:[注2]フラクショナルニードル RF 機器「ビューホット」によるわきが治療の手技,プロトコールおよび臨床成績

スソワキガのニオイ対策はデリケートゾーンそのものではなく、デリケートゾーン周辺のアンダーヘアが生えている部分を中心にケアしていきます

今回はそのことを理解して、出来るだけ自然な形でニオイを緩和させて行く方法を見て行きましょう

デリケートゾーンを清潔に保つ

スソワキガのニオイ対策として、一番基本的な方法は、デリケートゾーンを清潔に保つことです[注3]

また、スソワキガのニオイはむしろムレからくることが多いので、どのようにしてデリケートゾーンを蒸れにくくするのか、そこがポイントになります

参考文献:[注3]デリケートゾーン ケア バイブル

ナプキンや織物シートはこまめに変える

ナプキンや織物シートって安いものではないですし、交換するのも面倒臭かったりすると、ついつい長時間同じのを使いがちですよね。

しかし、もともとデリケートゾーン周辺は汗をかきやすい部分でもあり、長時間当てていると、雑菌が繁殖しやすくなります

その結果、ニオイの発生を促してしまうのです

最近のナプキンの吸収性は優れていて、以前ほど蒸れにくくなっているようですが、それでも3~5時間くらいの間隔で、こまめに交換することがいいでしょう[注4]

参考文献:[注4]月経期における生理用ナプキン内微気候と快適性

下着は締めつけず通気性の良いものを

下着を通気性のよい綿素材や、絹のものに変えるだけでも、デリケートゾーンは清潔に保つことができます

トイレに行く時に下着を脱いだりしたら、自分のニオイで「鼻が曲がりそうになってしまう」こともあるでしょう。

下着も蒸れやすい素材のものが多く、スソワキガのニオイ発生を加速させていまいます

また、ガードルやストッキングを着用して、きつい下着でデリケートゾーンを圧迫していれば、その刺激やムレにより、皮膚が炎症を起こしたり二オイが発生しやすい環境を作ってしまうのです[注6]

ナプキンや織物シートを変えるのは簡単であっても、下着を1日に何度も変えることは、すぐにできるものではありません。

なるべくデリケートゾーンを締めつけず、さらに下着は通気性のよい素材の選ぶようにしましょう

アンダーヘアの処理

スソワキガのニオイは、ワキガのニオイと同じくアンダーヘアにからまることで、そのニオイを一層強くさせます

それは、アポクリン汗腺から分泌されたニオイのもとになる汗が常在菌によって分解され、さらに蒸れることによって、ワキガ独特にニオイが強まり、さらにワキ毛に付着し落ちにくくなるからです[注5]

(前略)さらに、ふつう汗が分泌されることによって、こうした臭いのもとが広がり、わき毛にからまることで臭いが拡散していきます。(後略)

引用元:[注5]2010年 長崎出版 重本譲 『ドクターによるワキガ・多汗症・黄ばみの最新治療』37Pより引用

そのため、アンダーヘアの処理をすればある程度、スソワキガのニオイは軽減されますし、デリケートゾーンも洗いやすくなるため、日々のケアも楽になります[注6]

参考文献:[注6]デリケートゾーン ケア バイブル

食生活の見直し

スソワキガのニオイは、じつは食生活の偏りと大きな関係があります[注7]

ワキガ体質の人が、動物性脂肪を摂りすぎると、皮脂腺から出る油脂成分の分泌量が増え、汗腺類を活発にさせることになり、ニオイをさらに強くしてしまうのです

肉類や乳製品、油っこいもの、またニラやニンニクなどをたくさん摂取すると口臭や体臭が強くなるように、デリケートゾーン周辺も、よりニオイをきつくさせてしまいます

参考文献:[注7]肉食(畜産)が影響を及ぼす「地球環境・食糧危機」と「動物虐待」と「生活習慣病」

そのほか、エスニック料理や、刺激性が高い香辛料を大量に使った料理は人気になっていますが、これらは汗腺類を刺激するだけではありません[注8]

そうした成分が皮脂自体に積み重なって、強いスパイス臭のする汗を分泌させてしまいます

(前略)そのほか、香辛料をたっぷり使った料理は汗腺を刺激するだけでなく、皮脂にそうした成分が蓄積されて、汗に強い臭いをつけてしまうことになるのです。(後略)

引用元:[注8]2010年 長崎出版 重本譲 『ドクターによるワキガ・多汗症・黄ばみの最新治療』44Pより引用

また、世界的に見てみるとワキガ体質が多い国ほど、動物性脂肪をたくさん摂る食文化のようです[注9]

参考文献:[注9]微生物は多彩な香りをつくりだす

スソワキガが気になる方は、動物性脂肪の過剰摂取に注意しましょう

【関連記事】食生活を見直すことで、ワキガ臭の緩和に期待ができます。その関係性については下記の記事で詳しく解説しています。

食事でワキガ対策!?ワキガを和らげる食べ物、悪化させる食べ物
毎日気になるワキガのニオイ。周りの人の何気ない態度や仕草が気になりますよね。デオドラント用品やサプリメントを飲んで対策することが手っ取り早い...

ストレス解消

食事のほかにストレスも見過ごすことはできません。

現代はストレス社会。全てにおいてストレスが関係しているのが現状ですが、ストレスが積み重なると、自律神経に不調が現れたり、ホルモンバランスが崩れることで知られています[注10]

また、アポクリン汗腺は度合いが激しい緊張などでも刺激され、ニオイのする汗を分泌してしまいます

緊張した時に汗かいてしまった経験はあるでしょう。このように汗は緊張やストレスと非常に身近な関係にあります

つまり、緊張やストレスがニオイのする汗を分泌するように働きだし、スソワキガのもとを増やしてしまうことで、ニオイを強めてしまっているのです。

ワキガ発生のメカニズム解明を考えると、こうした心理的プレッシャーがスソワキガの発生の大きな要因になっています[注10]

ストレスを解消するには、好きなことを一人で打ちこんだり、軽く体を動かしたりして汗をかくことが一番です

ストレッチなどの軽い運動で、自律神経の不調がない身体づくりをすれば、ストレスも一緒に発散されやすくなります

スソワキガのためだけではなく、自分の「心」にもケアを行い、ストレス発散を心がけていきましょう

参考文献:[注10]固相マイクロ抽出法に基づく体臭成分の高感度分析法の開発と香粧品・食品摂取やストレスによる体臭変化の解析

専用のデオドラント剤で対処

デリケートゾーンを清潔に保ったり、食生活を見直してみたり、自分でできるスソワキガのニオイ対策を行うと同時に、専用のデオドラント用品で対応すれば、ニオイ軽減を加速させます[注11]

一般的に、スプレータイプのデオドラント剤には、ニオイのする汗の抑制効果はありません

スソワキガのニオイには、無添加で抗菌作用が強く、肌に直接塗るクリームタイプやスティックタイプなどのほうが効果に期待ができます[注11]

デリケートゾーン専用のデオドラント剤であれば、安心して使用することができますし、直接肌に塗るタイプでなくても、入浴で対応したいという方は、専用のボディーソープもあります

参考文献:[注11]皮膚科学と化粧品

また、無香料のものを選ぶことも重要なポイントです。

香りの強いデオドラント剤がスソワキガのニオイと混ざると、本人は気づかなくても、周りの人には悪臭に感じられるからです

さらに、皮膚が敏感な方は、こうしたデオドラント剤の殺菌成分により、かぶれやかゆみを発生させることもあります[注12]

(前略)ただし、最近はさまざまな制汗剤や脱臭化粧品が市販されていますが、それらはもともと一時的な効果を期待して作られたもので、長い間使うためのものではありません。そのため、長い間使っている、薬剤性皮膚炎などを起こすおそれも出てきます。(後略)

引用元:[注12]2011年 旬報社 五味常明『気になる口臭・体臭・加齢臭』80Pより引用

そのため、外出先から戻ってきた後や、ケアする必要がない時は、ぬるま湯で濡らしたぬれタオルなどで、キレイに拭き取るように心がけましょう

【関連記事】先に述べた対策と合わせて使うことにより、ニオイの抑制を促すデオドラント剤を下記記事で紹介していますので参考にしてみてください。

【クリアネオ】が気になる人必見!実際に使ってみてわかったこと
さまざまなデオドラント剤が出回っている中、クリームタイプで最も人気があるワキガ専用デオドラントクリーム、それがクリアネオ(cleaneo)で...

洗いすぎに注意

シャワーなどで清潔に保つことは大切ですが、洗いすぎはよくありません[注12]

デリケートゾーンを清潔に保てるように、しっかりと洗おうという気持ちになってしまうのは人間の心理だと思いますが、実はここに落とし穴はあるのです

もともとデリケートゾーンには自浄作用があり、外部からの雑菌の侵入を阻止する働きを持っています[注12]

殺菌作用の強い石けんやボディーソープでゴシゴシ洗いすぎると、皮膚が傷つき、さらにデリケートゾーンもを守る常在菌まで処分してしまうことになります

その結果、雑菌に侵入を許して、炎症を起こしてしまい、さらに別のニオイを発してしまう可能性があります

デリケートゾーンは、その名の通りにデリケートな部分ですゴシゴシ洗うのでなく、シャワーでザァーっと流す程度にしましょう[注12]

参考文献:[注12]デリケートゾーン ケア バイブル

最後に

・対策するのはデリケートゾーンそのものではない

・一番基本的な対策法は清潔に保つこと

・スソワキガのニオイは食生活の偏りと関係

・ニオイのケアは心のケアも必要

・清潔に保つことは大切だが洗いすぎに注意

いかがでしたか?すぐに取り組める対策もありますね。

スソワキガのニオイの感じ方は人それぞれですが、「臭い」と感じることは共通です

ムレからくるスソワキガのニオイには清潔に保つことから

アポクリン汗腺が分泌する汗からのニオイには、食事の見直しやストレス解消、デオドラン対策から始めてみてください

憂うつなスソワキガのニオイを少しでも楽に、まずはストレスなく自分で取り組める対策からスタートしましょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク