ワキガの症状が改善できず「どうしていいかわからない」人へ

人の体質は、簡単に変えることはできません。

人によっては、遺伝や体質が原因で、脇から嫌な臭いがしてしまう人もいます。

周りに迷惑をかけたくないけど、自分でもどうしていいかわからない。

そんなワキガの悩みに、気付けば心がつぶれるほど悩んでしまっている人もいるのではないでしょうか。

今回は、ワキガに苦しんでいる人の力になる記事を書こうと思います。

この記事を読んでくれた人へ

臭いの問題に悩み、この記事にたどりついた人へ

もし、あなたが臭いの問題に苦しみ、どうしていいかわからなくなっているのであれば

この記事を「誰かに見せてください」

  • 学生でお金がなく、手術や治療が必要なのに、親が理解してくれない
  • 体質が原因で放たれるワキガは、治したいけど簡単に治らないことを理解してくれない

このようなことに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

臭いの問題は、自分でも周りに迷惑をかけていることがわかっていても、ワキガの体質を改善することができず、どうしていいかわからなくなってしまうこともあると思います。

そのため、もしあなたが臭いの問題に悩み「自分も苦しんだよ」と理解してもらうことが必要であれば、この記事を通じて、私が代わりにあなたの苦しみを、相手に伝えます。

ワキガなどの臭いの問題は「臭いを放つ体質を改善しなければ、自分の意に反して、いつまでも周りに迷惑をかけてしまう問題」です。

ですが、同時に「周りの人が理解してあげることも」必要なんです。

臭いの問題は、自分一人では解決できない大きな問題に発展することもあります。

誰かに理解してもらわなければ、解決することが難しいのに、誰にも理解してもらえずに困っている人は、この記事を相手に見てもらってください。

ワキガは人生を狂わせるほど大きな問題につながる

ワキガなどの臭い問題を経験していない人にとって、臭いの問題が具体的にどれだけ、人の心を苦しめるのか、把握している人は少ないでしょう。

実は、ワキガなどの臭い問題は「その人が日常生活を普通に送るのも難しくなってしまう」ほど、大きな問題に発展することもあるんです。

そのきっかけとなる理由は「自分の意に反して放たれる臭い」にあります。

何もしてないのに、ただそこにいるだけで周りの人たちに「臭い」と言われ、差別され続ける毎日は、その人の心を大きく傷つけることに繋がります。

ワキガや加齢臭などの体臭は、体質が原因で放つものですから、治そうと思っても、簡単に治せるものではありません。

また、ワキガは遺伝で起こることもあります。中には何も悪いことをしてないのに、ただひたすらコンプレックスである臭いの悪口に耐え続けなくてはいけない人もいます。

もちろん、軽度の症状であれば、デオドラントスプレーなどで対策することができますが、それでもどうしようもないほど、強い臭いを放ってしまうこともあるんです。

自分も臭いことはわかってるけど、自分でもどうしていいかわからない。

そんな中、毎日学校や会社に通い続け、ひたすら臭いと周りに文句を言われながら、治すことのできない臭いに苦しみ続けることは、決して楽なことではありません。

これに加えて、ワキガを抱える本人が、さらに自分の心を追い込んでしまう要因が臭いの問題には隠れているんです。

それが「周りに迷惑をかけているという事実」です。

臭いと周りに言われ、差別され続けることはとても辛いことですが、周りに迷惑をかけてしまっているという事実が、さらに本人の心を傷つけてしまう原因となります。

ですから、臭いと言われても、文句を言うことが難しく、ただひたすら耐えることしかできないんです。

場合によっては、手術が必要になるケースもあり、手術ができなければ、いつまでもその臭いの問題を抱えながら、人の中に飛び込まなくてはいけません。

実際、ワキガなどの手術には、保険が適用されることもあり、場合によっては安く手術が受けられるよう、体制が整えられています。それほど、人によっては大きな問題なんです。

ワキガの問題は

  • 臭いを放つ人
  • 臭いの被害を受けている人

両方が、理解し合いながら解決していかなくてはいけない問題です。

ワキガに悩む人がどれだけ苦しい思いをしてしまうのか

臭いが改善されることもなく、ひたすら周りの嫌がらせに我慢し続ける人は、精神的な負担が日々大きくなり、以下のような問題に悩むこともあります。

常に臭くないかな?と日常生活で疑心暗鬼になってしまう

  • 周りに臭いと言われ続ける
  • 自分が横を通るだけで、顔を背けたり、口を閉じる
  • 周りのひそひそ話が聞こえる

このような嫌がらせに耐え続けている人の中には、次第に「臭くないかな?」と常に自分の臭いに疑心暗鬼になってしまう人もいます。

毎日学校や職場への移動で、バスや電車に乗るたびに、臭ってないか毎日不安になってしまうことはもちろん。

家にお客さんが来た時や飲食店で食事をしている時も、自分の臭いが不安になる恐れがあります。

臭いの問題は、周囲の人間関係に直接影響を与えますので、一人でいる時以外は、気が休まることがないんです。

このことから、自分の心をどんどん追い詰めていき、自分を酷く傷つけることにつながります。

友人や恋人と会えなくなる

休日に、友人や恋人と遊びに行く機会があっても、臭いと思われることが怖くなってしまい、人と会えなくなってしまうこともあるんです。

平日は毎日「臭いと思われてるかな」と不安になりながら頑張り続け、休日には好きな人と気軽に会うことも難しくなるワキガ。

体質が改善されないまま、ずっとそんな毎日を過ごしている人の心は、ボロボロになってしまうのは言うまでもありません。

学校や職場で居場所がなくなる

教室に自分の臭いが広がり、周りから臭いと言われている人にとって、人と集まることはとても苦痛なことです。

嫌がらせをする人が現れることはもちろん、自然と周りから人が離れていき、孤独と自分の臭いにひたすら耐え続けなくてはなりません。

そんな中、両親に自分の体質のことを理解してもらえず、制汗剤を買ってもらえなかったり、治療ができない子供は、学校を休むこともできないまま

ただ、毎日学校に通い続け、苦しみ続けるしかありません。体質を一日で治してこいと言われて、対応できる人はいません。

定期的に、制汗剤やデオドラントスプレーを使うにも、毎月お金はかかりますし、手術にも高いお金がかかります。

本人もどうしようもできないからこそ、臭いの問題は、学校のみんなはもちろん、両親にもしっかりと理解してもらわなくてはいけないんです。

臭いのコンプレックスは、その人を大きく傷つけてしまう

においの問題は、その人のことを直接否定する行為に当たります。

特に子供の世界では、相手の気持ちをあまり意識せず、悪口や暴言を吐かれることが多いため、周りの大人たちが理解してくれない限り、子供は逃げることも、臭いを治すこともできません。

大人の世界でも、会社の中で足を引っ張らないよう、自分のお仕事に必死になっている中、常に周りから否定され、嫌な目で見続けながら、毎日社会で頑張ることは容易ではありません。

臭いの問題は、永遠とその人の心をむしばみ続ける問題につながりやすく。次第にその人の心を疲れさせていき、日常生活が送れなくなる恐れがある問題なんです。

臭いの被害を受けている人は出来る範囲で配慮する

ワキガを抱えている人が辛いのはもちろんですが、臭いの被害を受けている周りの人が、辛い思いをしているのも事実です。

そのため、ワキガの人を傷つけることに繋がるからといって以下のような行為を行うのは、仕方のない事だと思います。

  • 顔をそむける
  • 口や鼻に手を当てる
  • 部屋の換気をする

中には、自分のワキガや加齢臭の臭いに気付かないまま、たくさんの人に迷惑をかけている人もいるでしょう。

臭いの問題はとてもデリケートですので「臭うよ」と指摘したくても、相手が傷つくことに気を使い、ひたすら我慢している人もいます。

特に、上下関係が厳しい社会では、スメハラ(スメルハラスメント)に耐えている人も多い事でしょう。

このように、臭いの問題は、ワキガや加齢臭を放つ本人が辛いのも事実ですが、周りの人も凄く嫌な思いをする問題なんです。

だからこそ

  • 臭いを放つ人
  • 臭いの被害を受けている人

が、理解し合うことが大切なんです。

「この部屋臭くない?」とわざと大きな声を出して、ワキガを放っている人の顔を見て楽しんでも、何の解決にもなりません。

  • 社員が自由に使える消臭スプレーを置いてあげる
  • 消臭剤や芳香剤をこっそりその人の近くに置いてあげる
  • お互いが受け入れ合って、少しだけ窓を開けたり換気することを許し合う
  • どうしても臭う時は、やんわりと指摘してあげる

このような上手な付き合い方を、臭いを放つ人と被害を受けている人が取っていくことを意識してくことが大切だと私は思います。

臭いの問題は本人の臭いの問題を解決しなければ治らない

臭いの問題は、ワキガを抱えている本人が辛いのも事実ですが、周りが迷惑しているのも事実です。

だからこそ、臭いの被害を受けている人が、気を使ってひたすら我慢し続けることがいいというわけではありません。

臭いの問題は、「本人が臭いを改善しなければ解決しない問題」です。

ですので、周りの人に体質により放たれる臭いに、私も悩んでいるんだよ。と理解してもらいながら、しっかりと自分の体をケアしていきましょう。

子供のワキガ問題は大人の理解が必要不可欠である

子供のワキガ問題は、大人の理解が必要不可欠だと私は考えます。

ワキガは生活習慣などから引き起こされることもありますが「遺伝」により起こることもあります。

度合いによっては

  • 身体を洗うシャンプーを変えてみる
  • 服を洗う洗剤を変えてみる
  • 制汗剤や脇汗パッドなどで対策する

このような工夫で、対策できるものもあります。

ですが、定期的に対策グッズを買ったり、ワキガ用の洗剤を買ったりと、毎月の費用が掛かってしまうのが現実です。

お金を持たない子供だからこそ、親がしっかりと理解して、配慮してあげなければ、大人になって自分でお金を稼いで対策できるようになるまで、辛い思いを毎日続けることになります。

臭いのコンプレックスは日々、自分の精神を蝕んでいきますので、早い段階でしっかりと気を使ってあげる必要があるんです。

どうしても症状が酷い場合は、手術やボトックス注射などの治療がいい場合もあります。

心から臭いに悩んでいる子供がいるのであれば、しっかりと家族で話し合うことが大切です。

wakikaruは臭いに悩んでいる人の手助けをしています

臭いの問題は、臭いを放つ人が辛いのはもちろん。臭いの被害に耐え続ける人たちも辛い問題です。

今回は、ワキガを放っている人がどれだけ辛いのか、理解してもらう記事を書きましたが、臭いを指摘できず、ひたすら嫌な臭いに我慢し続けて、苦しんでいる人もたくさんいます。

wakikaruでは

  • 臭いを放つ人
  • 臭いの被害を受けている人

が、お互い歩み寄りながら、臭いの問題を解決できるよう、皆さんに協力していくサイトです。

もし、ワキガなどの体臭に悩んでいる人は是非、このサイトを活用してみてください。

また、臭いの問題を受け入れてもらえず、ひたすら辛い日々に耐えている人は、この記事を親や友達に見てもらって、理解してもらってみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする