加齢臭の対策を【サポートしてくれた家内】にとっても感謝!

ニオイの悩み体験談
この記事は約3分で読めます。

私は今年で43歳になるサラリーマンです。私のような中年男性にとって「加齢臭」という言葉は、もっともモチベーションが下がる意味を指しているのです。

さらなる矢が!?体臭は「攻撃の手」を休めない!

もともと、自分自身の容姿に対して自信を持っていなかったのです。髪は残っているものの白髪が増え、身長160センチ強の小太りの私にとって、さらなる追い打ちになったことになった加齢臭

 

ちょうど、二人の娘も中学生と高校生になり、私も40歳になったころのことで、見た目だけではなく、体臭にも、二の矢三の矢を放つようなことが起こるとは、まさか思っていませんでした

 

娘たちも、少しずつ私の距離をおくようになり、一緒に出掛けることも少なくなりつつあった状況だったので、本当に残念なことでした。これから自分の体臭に対してどう対処していくか、これが大きなポイントになったのです。

 

そしてこの日から家内には、本当に大きな感謝の念を抱くことに。もちろん、加齢臭を完全になくすことはできなかったのですが、周囲に少しでも影響を与えず、さまざまな方法で、科内が加齢臭の対策を考えてくれたからです

爽やかさがポイント!デオドラント選び

まずは加齢臭に関する、気になるところとして、首筋の裏や汗をかいた後のワキの下、ということを客観的に指摘してくれました。そして、この臭いをいかに抑えていくかということを一緒に考えてくれたのです。

 

シートがいいのか、スプレー系なのか、どんな香りなら対策に効果が期待できるのか、色々考考えた挙句、私の臭いを最も抑えられるであろう対策を見つけてくれました

 

朝起きてシャワーを浴びて[清潔にしてから、ワキの下や首筋の裏に石鹸の香りがする、デオドラントウォーターを塗り込む。これがまずは最初の対策。職場にも、このデオドラントウォーターを持参します。

 

さらには、出勤後とランチ後にも使っていました。デオドラント用品選びで注意したのは、第一に爽やかレベルの香りがポイントであること。あまりも香りが強すぎると、さらに加齢臭をエスカレートさせることを知っていたからです

「中年」こそ「頭をみがけ」これで、評価アップ間違いなし!

そして、どうしても臭いがキツク感じるのが頭皮。身長が低いだけに余計、周囲にニオイがバレやすいのです。とにかく頭皮の脂をしっかり落として、毛根に詰まった脂も落とせば、臭いもマシになる。これもまた、家内のプランでした。

 

それまで家族一緒に使っていた、シャンプーも、男性用の頭皮の脂をしっかり落とす、薬用シャンプーに変えました。セットでブラッシングも行って、毛根までしっかりとキレイに洗っています。

 

これだけケアに心がけると、かなり加齢臭の対策ができてると、家内からはかなり評価されたのです。加齢臭を自覚した時は、一気におもしろくない気分になりましたが、今はそれも減少し、楽しく過ごせています。それもこれも家内のおかげです。

 

【関連記事】頭皮から加齢臭がする理由は2つあります。その仕組みについては下記の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

頭から気になる加齢臭を消す対策方法を徹底調査
年を重ねるほど、仕事も体臭対策も大変になってきますよね。 加齢臭がしている人は特に「うっかりシャワーを浴び忘れた」なんてことがあってはなりません。 今回は、頭から臭う加齢臭の対策方法について紹介していきます。 原因は2つ!頭か...

 

タイトルとURLをコピーしました