脱毛したら「ワキガ」が「悪化」するって本当!?

ワキガ対策の一つとして、いろいろ話題になる「脱毛」。しかし、ワキの脱毛には毛を処理したことで

・ワキガ体質になった。または悪化した。

・ワキガが治った。または軽減した。

という2つの対局的な口コミがあります。

脱毛すれはワキガのニオイが「軽減するの?悪化するの?」と、一体どちらが真実なのか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか

そこで今回は、脱毛がワキガに対して、どんな影響をもたらすのか。

また、ワキ脱毛したあとに汗やワキガのニオイが気になったら、どう対処するべきか詳しく解説していきますね

毛深いこととワキガの関係性

「毛深い人はワキガのニオイがキツイ」時折こうした話を聞きます。

迷信のような話ですが、実は毛深いこととワキガはお互いに関りがあるのです

ワキガの原因のひとつでもあるアポクリン汗腺は毛根部に開口しています[注1]毛深い人はこの毛根部の活性が高いため、アポクリン汗腺が必然的に刺激されやすくなるのです[注2]

参考文献:[注1]皮膚と付属品

参考文献:[注2]発汗の計測

そのため、ニオイがする汗が分泌されやすくなり、ワキ毛やそのほかの体毛にからまることで皮膚から落ちにくくなります

ついで、こうしたニオイのもとがエクリン汗腺から分泌される、ふつうの汗によって、強いワキガ臭を拡散していくのです[注3]

(前略)さらに、ふつう汗が分泌されることによって、こうした臭いのもとが広がり、わき毛にからまることで臭いが拡散していきます。(後略)

引用元:[注3]2010年 長崎出版 重本譲 『ドクターによるワキガ・多汗症・黄ばみの最新治療』37Pより引用

また、ワキガと毛深さの関連性は、性ホルモンの反応性が高い男性はとくに毛深くなることでも裏付けられています。[注4]

ただ、毛深いからといって、すべての人がワキガ体質ということはありません

生まれつきアポクリン汗腺が少ない人が毛深くなっても、ワキガ体質になることはありませんが、その可能性は高くなるでしょう[注4]

(前略)男性は性ホルモンの活性が高いと毛深くなるため、そのこともワキガとの関連裏づけられます。ただ、毛深い人はすべてワキガ持ちということはありませんが、その可能性は高くなるのです。(後略)

引用元:[注3]2010年 長崎出版 重本譲 『ドクターによるワキガ・多汗症・黄ばみの最新治療』41Pより引用

脱毛すればワキガが治る?その真相とは

ワキガは、残念なことに脱毛だけでは完治しません

ワキガを根元から断つためには、アポクリン汗腺そのものを完全に除去するしか方法はないからです。[注5]

参考文献:[注5]腋臭症の診療方針の立て方と治療

ただ、軽度のワキガの方であれば、ワキガのニオイを抑えることが期待できます[注6]

その理由は、ワキ毛はワキガ臭の原因となる細菌の絶好のすみかになっているため、これを処理してしまえば、毛と皮膚に絡みつく汗や細菌の数が減り、ワキガのニオイの軽減に期待ができるといったもの[注6]

このようにワキの毛をなくしてしまえば肌が清潔になり、細菌が住みにくい環境になるのです

参考文献:[注6]腋臭(わきが)のお話

それほどワキガ臭が強くない方や、手術はしたくない、またはワキの脱毛とワキガの処理を軽く済ませたいという方は、専門医に相談してみてください。

【関連記事】どのようにして「ワキガが始まるのか」についての詳細は、下記のページで詳しく説明しています。

ワキガの原因と汗のメカニズム
ワキガは個人的な特徴であると同時に、とってもデリケートな疾患でもあります。妻は子供のころから「汗っかき」だったようで、私と出会ったときには多...

脱毛で汗の量が「増えた」と感じるワケ

脱毛してワキガのニオイが気になってきたという理由として、脱毛後に汗の量が増えたと感じることも原因の一つです

これは、ワキの汗を押しとどめるストッパー的な役割をしていてくれたワキ毛をなくしたことにあります

ワキに余分な毛がなくなると、ワキの汗がサラサラと流れやすくなってしまい、これまでよりも汗ジミが目立つようにも

また、リラックスした状態でもワキ汗がダイレクトに体を伝わり、腰にあたりまで流れたりします。

そのことにより、実際には脱毛前とかく汗の量は同じでも、汗の量が増えたように思い込んでしまうのです

脱毛するとワキガが悪化する原因とは?

脱毛すると「ワキガ体質になった」「ワキガが悪化した」ということをよく耳にします

けれども、基本的にワキガの原因であるアポクリン汗腺の量は、生まれながら決まっているため、突然その量が増えることはなく「脱毛して体質が変わりワキガになった」ということはありません。[注7]

参考文献:[注7]日本クラブ診療所 汗のはなし

もちろんアポクリン汗腺は誰の体にも存在します。しかし、そのアポクリン汗腺が活発に働いていなければ、ワキガのニオイは気にならないのです[注9]

ところが、これまでワキガのニオイが気にならなかった方は、脱毛の影響でアポクリン腺からの分泌を活発にし、一時的にワキガと同じニオイがするようになった可能性があります

汗の量が増えたことによるニオイの悪化

多くの方が脱毛後に汗の量が増えたことで、ワキガのニオイが悪化したと感じているようです

これは脱毛による刺激で、汗腺類の活動を促し、汗が分泌しやすくなり汗の水分そのものの量が増えたと感じるためで、実際には脱毛で汗の量がかわることはありません[注8][注21]

参考文献:[注8]続一汗ものがたり

ついでワキの常在菌に分解されるこの汗の量に比例して、ニオイの拡散量も増えます。[注9]これが脱毛後にニオイが悪化したと感じる原因のひとつです

参考文献:[注9]皮膚科学と化粧品

開いた毛穴に【皮脂や角質】が溜まる

脱毛後に開いた毛穴を、皮脂や角質がふさいでしまうことが主な原因です

脱毛後の毛穴は、毛を処理してすぐに引き締まる訳ではありません。そのため開いた状態の毛穴に、そうした皮脂や老廃物が蓄積されて、汗に強いニオイをつけてしまうことになるのです。[注10]

入浴時はなるべく湯舟につかるようにしましょう。湯船につかることで毛穴が開き、汗もかくので角質や老廃物が体外の出て体臭予防になりますよ[注10]

参考文献:[注10]あざみ通信

精神的な発汗も「ワキガ発生」の原因

汗の量が増える面でいえば、脱毛により汗腺の活動を刺激してしまう原因のほかに、精神性発汗も見逃すことができません

私たちの生活に不安や緊張といったストレスはつきものですが、このストレスが蓄積されると、ホルモンバランスに失調をきたしたり、自律神経が乱れたりして精神性発汗が起こることがよく知られています[注11][注12]

また「手に汗握る」「脂汗をかいた」という言いまわしがあるように、不安や緊張といったストレスは発汗の量と密接な関係があるのです[注11][注12]

脱毛との関係で言えば、脱毛により汗の量が増えた事で不安や緊張が増し汗腺類ろ刺激。さらに大量の汗が分泌されます[注13]

それが常在菌に分解されて皮脂と混じり合い、ふつうの汗によって強いニオイを拡散してしまうワキガの仕組みを考えると、こうした精神的なプレッシャーもワキガのニオイを発生させる大きな要因となるのです[注12]

参考文献:[注11]原発性局所多汗症診療ガイドライン

参考文献:[注12]皮膚科学と化粧品

参考文献:[注13]続一汗ものがたり

【関連記事】脱毛後にワキ汗が増えると、汗染みが気になったりすることで、さらに精神的な緊張やストレスが加わり、大量の汗をかいてしまう悪循環が発生しかねません。

日常生活に支障をきたす【多汗症】の原因とは?
汗をかくのは自然のことなので、人より多めの汗をかくとなると「汗っかき」と片付けられていまいますが、異常な発汗は多汗症という病気の場合もありま...

脱毛でワキガが【悪化】しないための対策

脱毛後の肌は敏感

ワキ脱毛後のニオイ対策は、ワキガ体質の人にとって重要な問題です。

脱毛直後の肌はダメージを負った状態と同じのため、肌がどうしても乾燥しやすくなっていたりして、とても敏感になっています[注13][注17]

そのため、日焼けなどには十分注意し、先ず保湿ケアを徹底して肌の回復を促すように心がけることが重要です

参考文献:[注13]なくならない脱毛施術による危害

さらに入浴時は力を入れてゴシゴシ脇を洗うと期待に反して肌に悪い影響を与えますので、石けんの泡で優しく洗うようにしましょう

デオドラント剤の「使いすぎ」はNG!

量や程度を適切に使っていれば問題ないのですが、脱毛後は毛穴が開いた状態なので、デオドラント剤を多量に使うと毛穴をふさいでしまうこともあります

そのことで、さらなる多汗やニオイの原因を作り出してしまい、脱毛がきっかけで、ワキガのニオイそのものがひどくなるといった状況にもなりかねません[注16]

また、ワキガのニオイが気になるため、すぐにデオドラント剤でケアしたいと考えている方もいるでしょう。

製品によっては、制汗効果が期待される分、含まれる殺菌成分や収斂剤の刺激も強いものもあるので、黄ばみの原因や肌にマイナスな効果を与えてしまうおそれがあります[注16]

脱毛後は少なくとも数日間ほど肌のトラブルを避けるために、デオドラント剤の使用を控えましょう[注17]

参考文献:[注15]あざみ通信

参考文献:[注16]タイトル:重曹の上手な利用法

参考文献:[注16]皮膚科学と化粧品

やはり「清潔」を保つのが一番!

ワキガのニオイはアポクリン汗腺から分泌された汗が常在菌に分解され、それが皮脂と混じり合ことによって発生してしまいます

もし汗が気になる時は、ワキの下をこまめに拭いたり、ワキ汗パッドを使い対策。さらにデオドラント剤を使った日は、入浴時にしっかりと丁寧に洗い流します

このように清潔を保つことに配慮することで、後のワキガのニオイは、ほぼ抑えることができるでしょう[注18]

参考文献:[注18]皮膚科学と化粧品

ムダ毛の自己処理によるトラブルについて

ワキのムダ毛処理の方法といえば、電気シェーバーやカミソリ、毛抜き、脱毛クリーム、ワックス脱毛、家庭用脱毛器など、さまざまものがあります。[注19]


中でも費用が低コストで、入浴時やお風呂上りに簡単に処理できることから、カミソリや毛抜きでの自己処理が一般的でしょう



しかし、自己処理には自宅で簡単に処理できる反面、失敗やトラブルが多いことでも知られています

肌にダメージを与えることにより色素沈着や肌荒れ、またムダ毛は次々と生えてくるため、その処理のし忘れなどの悩みはいつまでも無くなりません

ワキ下の皮膚は、とても薄くデリケートな部位です。

色素沈着や肌荒れなどの自己処理による失敗やトラブルを防ぐためにも、プロの施術スタッフに任せて処理してもらえば、よけいな問題を起こすことなくワキガのニオイ対策も合わせて期待できるでしょう[注19]

参考文献[注19]ムダ毛の手入れと肌の影響 脱毛3機種とカミソリによる手入れの比較から

ワキガでもクリニックやサロンで脱毛はできる?

ワキ脱毛に行きたいけど、どうしてもワキガが気になり、恥ずかしくて行けない…

また、事前にクリニックやサロンの専門医か施術スタッフに、自分がワキガであることを伝えた方が良いのか必要ないのか悩んでいる

ワキガ体質だとスタッフの反応が気になるし、そもそも脱毛がきないのではないかと不安になる方もいるのではないでしょうか。

でも大丈夫です。ワキガだから施術ができないということはありません[注20]むしろワキガだからこそ積極的に脱毛するべきでしょう。

クリニックやサロンの方はプロです。日々多くのワキ毛の処理に携わっているので、言うまでもなく施術スタッフも慣れています

気になるワキガのニオイについては、清潔にさえしていれば特に伝える必要はないでしょう

参考文献[注20]脱毛処理の比較検討の整理

ワキガの人が脱毛を行う際の注意点

脱毛を行う前の「指示」を守ろう

ワキ脱毛を行う前に、クリニックやサロン側から事前にシェービングを済ませてくるよう指示があります

とくに難しいことはないのですが、きちんと身だしなみをすることで、簡単な打ち合わせや質疑応答で施術へ進むことができます

また、レーザー脱毛の場合は、日焼けやニキビ炎症などのお肌トラブルがあると施術してくれません[注21]

あらかじめ施設へ相談しておけば、ワキガのニオイの心配もなく安心して施術を受けることができるでしょう

参考文献[注21]ムダ毛のお悩みQ&A

施術前の自己処理は確認する

ワキガのニオイを気にするあまり、施術前にアンダーヘアを処理したり、デオドラント剤でケアした状態で脱毛を受けようとする方もいらっしゃいます。

ところが、クリニックやサロンによっては、脱毛の効果に影響するため[注26]施術を断られる原因になりかねません

参考文献:[注26]脱毛処理の比較検討の整理

思わぬトラブルを招かないためにも、クリニックやサロンに施術前の詳細を確認して、指示をきちんと守りましょう

ワキガ治療中に脱毛はOK?

ワキガ治療中にワキの脱毛を行うとなると、皮膚にさらなる負担がかかるため控えた方がいいでしょう

ワキガの治療といっても、ボトックス注射など一時的な治療法から体にメスを入れる治療があります。

けれども、どんなに最新のワキガ治療法であつても、デリケートな部分に何らかの負担がかかることには変わりありません

これに脱毛などの刺激が加わると副作用がでたり、皮膚に深刻なダメージを与える可能性があります[注22]

参考文献:[注22]皮膚科学と化粧品

もし、それでも脱毛したいのであれば、必ず担当医に相談しましょう。

結局、ワキガの治療と脱毛どっちを先に?

ワキガの治療と脱毛、どちらが重要性もしくは緊急性の高い問題か見極めるのは個人の価値判断ですが、重度のワキガの場合は治療を優先したほうがいいでしょう

ワキ脱毛は確かにワキガのニオイ軽減[注23]には期待できますが、ワキガの根本的な治療にはなりません[注24]

参考文献:[注23]腋臭(わきが)のお話

参考文献:[注24]腋臭症の診療方針の立て方と治療

そのため、重度のワキガの方が根治を期待して脱毛を受けても、一時しのぎや気休め程度にしかならず、思ったような効果を得られない可能性があります

そこで、いきなりワキの下にメスを入れる治療をする前に、食生活の見直しやメスを使用しないでワキガのニオイを抑えるデオドラント剤で治療[注25]するという、比較的リスクが小さい治療から始めてみましょう

参考文献:[注25]皮膚科学と化粧品

【関連記事】下記記事では「食生活とワキガ体質の関係性」と肌が敏感な人でも安心してワキのケアができる「ワキガクリーム+最強制汗剤」について詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ワキガの原因と汗のメカニズム
ワキガは個人的な特徴であると同時に、とってもデリケートな疾患でもあります。妻は子供のころから「汗っかき」だったようで、私と出会ったときには多...

https://nioikaizen.net/wakiga-cream/

最後に

・毛深いこととワキガは関係ある

・脱毛だけではワキガは完治しない

・軽度のワキガであれば抑臭が期待できる

・ワキ脱毛により汗の量が増えたと感じる

・脱毛によりニオイが強くなることも

脱毛の目的は、美容あるいは身だしなみの観点からムダ毛を意図的に処理することであり、ワキガ改善の施術ではありません

しかし、ワキ毛をなくしてしまえばワキガのニオイの軽減につながる可能性があります

私の妻はワキの下にザックリ手術痕が残っているため、自宅でムダ毛の処理をしていますが、自己処理は傷跡を他人に見られずにできる反面、肌荒れや埋没毛の悩みが絶えないようです

もしあなたが軽度のワキガで、手術までしても改善したいとは思ってない方や、ワキの下の脱毛とワキガの処理を軽く済ませるのなら、一石二鳥という方は、ぜひ専門医に相談してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする