ワキガの原因と汗のメカニズム

ワキガは個人的な特徴であると同時に、とってもデリケートな疾患でもあります。妻は子供のころから「汗っかき」だったようで、私と出会ったときには多汗症とワキガが併発していました

あなたの症状はどうですか?ワキガのタイプは人それぞれ違いますよね。自分だけが不快を感じているだけでなく、周囲にも迷惑をかけているケースもあるでしょう

そのことが原因で、毎日対人関係に悩まされているという人の話もかなり耳にします。今回はワキガや多汗症の原因である「汗」について探ってみたいと思います

「ワキガ」が始まるワケ

私たちの汗は多くのケースで運動後や食事による新陳代謝、ストレス、緊張、温度の上昇などの働きによって排出されていて

・エクリン汗腺[注1]から出る一般的な汗

・アポクリン汗腺[注1]からのニオイがする汗

・お肌を守る皮脂[注2]

によって構成されています。

参考文献:[注1]皮膚・汗・爪なら新しい皮膚科学

参考文献:[注2]皮脂 組成 の季 節 変動 と肌 状態 ・肌 質 の関係

ワキガ臭は、まず「アポクリン汗腺」から分泌されたニオイの元になる汗がコリネバクテリウムという常在菌、いわゆる腋臭菌によって、分解されることから始まるのです[注3][注15][注16]

参考文献:[注3]腋臭症(わきが)のお話 米沢市立病院 形成外科

参考文献:[注15]コリネバクテリウム(腋臭菌)に対するマルカサイドYP-DPの効果、ご提案

参考文献:[注16]日本農芸化学会 2013 年度大会トピックス賞

続いて皮脂腺から排出物の皮脂(脂肪)が出ると、その汗に混じってニオイを強化

さらに一般的な汗をかくことにより、独特の臭気を放つニオイが広範囲に広がり、そうしてワキ毛にからまることで、非常に強いワキガ臭が散乱します[注16]

(前略)さらに、ふつう汗が分泌されることによって、こうした臭いのもとが広がり、わき毛にからまることで臭いが拡散していきます。(後略)

引用元:[注16]2010年 長崎出版 重本譲 『ドクターによるワキガ・多汗症・黄ばみの最新治療』37Pより引用

【関連記事】ワキガのニオイの種類と特徴については、下記の記事で詳しく解説しています。

ワキガの臭いってわからない!どんな種類があるの?
もしあなたがワキガで悩んでいるとしたら、どんなニオイなのか、どれぐらいのものなのか分からなくて困りますよね。 ニオイを数値で表すことが...

「皮脂腺」と「2つの汗腺」

私たちが当たり前のようにかいている「汗」ですが、一日にかく量は1.5~2リットルといわれいて[注4]体温調節の手段として重要なメカニズムです。その体の表面にかいた汗が蒸発することによって、体温を下げていますよね。

参考文献:[注4]汗とつきあう 発汗は身体にとって重要な「冷却システム」

汗は、私たちの皮膚の表面にたくさんある汗腺という器官から出ますが、主な汗腺は「エクリン汗腺」「アポクリン汗腺」の2種類があり、他にも肌に柔らかさと潤いを保つ働きがある「皮脂腺」が存在します。

エクリン汗腺からの汗

普段私たちが呼んでいる「汗」はエクリン汗腺から排出される一般的な汗。また、エクリン汗腺は小汗腺」[注5]とも呼ばれ、全身のあらゆる所に分布している肉眼では見えないとっても小さな組織です。

参考文献:[注5]わかばこどもクリニック 汗腺には2種類あります

皮膚の1センチ四方に100個以上も存在し、からだ全体では約230万個ほどあります。このエクリン汗腺から出る汗は99%が水分[注6]その他にも塩分や尿素、アンモニアなどを含みます。

参考文献:[注6]ホームドクター通信 真嶋医院 腋臭/汗の臭いの話

この一般的な汗は、かいた直後に塩分が混るため、肌を酸性に保ち、雑菌の繁殖を抑えているのですが、塩分が含まれているといっても、汗そのものはサラサラとして、しかも無色でほとんどニオイません[注7] 

参考文献:[注7]汗本来は無臭!? ニオイの真実 大島眼科病院 栄養課

アポクリン汗腺からの汗

一方アポクリン汗腺は、エクリン汗腺のおよそ10倍もある大きな汗腺で、直径が4ミリほどあります。そのためエクリン汗腺が小汗腺と呼ばれているのに対し、アポクリン汗腺は「大汗腺」[注2]呼ばれているんです。

参考文献:[注8]わかばこどもクリニック 汗腺には2種類あります

また、アポクリン汗腺は出口が毛穴とつながっています。そうして、ワキや乳首、おへその周り、陰部、耳の穴、肛門の周りなど、体の一部分のみに分布[注9]しており、ワキガの原因であるニオイがする汗を排出します

参考文献:[注9]皮膚・汗・爪なら新しい皮膚科学

アポクリン汗腺は成長にともなって大きさが変化するのも特徴の一つで、男女とも思春期以降に活性化して大きくなるのです。

そこから排出される汗は水分のほか、タンパク質や脂肪、鉄分、アンモニア、色素などを含み、やや粘り気があります。[注17]

(前略)成長にともなって大きさが変化するのも、アポクリン腺の特長で(中略)タンパク質、脂質、糖質、アンモニア、ピルビン酸、色素リポフスチン、鉄分などを含んだ、やや粘り気のある汗が出ます。(後略)

引用元:[注17]2011年 旬報社 五味常明『気になる口臭・体臭・加齢臭』65Pより引用

肌に潤いを与える皮脂腺

エクリン汗腺とアポクリン汗腺以外にもう一つ、皮脂腺という器官があります。

この汗腺から汗は出ないのですが、出口がアポクリン汗腺と同様、毛穴につながっているのです。そして名前のとおり皮脂腺は毛穴から皮脂、いわゆる脂肪を分泌[注10]します。

参考文献:[注10]獣医皮膚病学皮膚の構造と疾病

皮脂腺は肌にとって大切な器官。毛穴から皮脂が押し出されることにより、汗と混ざり皮膚の表面に薄い膜[注11]になって肌を守るのです。

また、皮脂を食べる雑菌類が繁殖しすぎると、その部分がニキビや吹き出物のトラブル[注11]になります

参考文献:[注11]皮脂 組成 の季 節 変動 と肌 状態 ・肌 質 の関係

多汗によるニオイとワキガ臭は違う!?

多汗による汗臭さ以外のなにものでもないのに「じつはワキガではないか」と悩んでいる方は少なくありません

しかし、多汗によるにニオイとワキガ臭とは決定的な違いがあり、エクリン汗腺から出る汗は

・温熱性発汗

・精神性発汗

・味覚性発汗

の3つの汗に分類[注12][注13]されます。

参考文献:[注12]汗とつきあう 発汗は身体にとって重要な「冷却システム」

一つ目の温熱性発汗[注13]は、暑いときや運動をしたときに、上昇した体温を下げるために体全体から出る汗

2つ目は精神性発汗[注13]といって、主に手のひらや足の裏、ワキの下など限られた部位でかきます

不安などから起こる「冷や汗」驚いたとき、人前に出て緊張したときに出る「手の汗」も精神性発汗のひとつです。

3つ目の味覚性発汗[注13]は、辛いものや熱いものを食べたとき反射的に出る汗で、鼻や額、唇の周り、首などにかきます。

参考文献:[注13]皮膚科学と化粧品

このように「緊張して、汗びっしょりになってしまった」というのは、生理的な汗がほとんど。多汗の場合もエクリン汗腺による汗で、何らかの理由で大量に汗が排出されるのです

そして、その汗をかいた状態のままにしておけば、当然ニオイが発生します。これがいわゆる「汗臭い」ということなんですね

ただ、シャワーを浴びたり、お風呂に入れば臭うことはありません

【関連記事】「多汗症」と「汗っかき」の違いについては下記記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

日常生活に支障をきたす【多汗症】の原因とは?
汗をかくのは自然のことなので、人より多めの汗をかくとなると「汗っかき」と片付けられていまいますが、異常な発汗は多汗症という病気の場合もありま...

ワキガ臭はフェロモンの一種!?

アポクリン汗腺は、それ自体が体温の調節のためでなく、体臭の原因となるニオイがする汗を排出

多くの動物に例えると、この汗が仲間同士の確認や異性を惹きつける、刺激のあるニオイ[注14]になります。

遺伝の影響もあり、個人や人種によって汗腺の量の差はありますが、ワキガ臭が強くなるのは、第二次性徴が始まる思春期以降であるため、欧米ではワキガ臭は「フェロモン」の一種[注14][注16]と、とらえる傾向もあるようです

参考文献:[注14]微生物は多彩な香りをつくりだす

参考文献:[注16]生理作用のあるにおい物質とその受容メカニズム

【関連記事】ワキガのニオイについての詳しい説明と、自分がワキガ体質なのかどうか簡単に診断できるセルフチェックを下記記事で紹介していますので参考にしてください。

ワキガの原因と汗のメカニズム
ワキガは個人的な特徴であると同時に、とってもデリケートな疾患でもあります。妻は子供のころから「汗っかき」だったようで、私と出会ったときには多...

最後に

・ワキガの原因はアポクリン汗腺から出る汗

・常在菌は汗を分解してワキガが始まる

・ワキ毛に汗がからまり強いワキガ臭が散乱

・多汗によるニオイとワキガ臭は異なる

・無色無臭の汗もそのままにしておけば汗臭い

今回は汗について調べてみましたが、難しかったでしょうか?

私たちはさかんに汗をかきます。それは人の体に欠かせないメカニズムですが、ニオイとなると見過ごせない、特に日本人はニオイに対する寛容の心ないようです。

けれども基本的に汗をかくことは、いたって健康な証拠。これまでと変わらず水分補給[注15]だけは心がけてくださいね。

参考文献:[注15]汗とつきあう 発汗は身体にとって重要な「冷却システム」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク