100%加齢臭が原因の【旦那の体臭】…だからこそ柿渋で対策しよう!

ニオイの悩み体験談
この記事は約3分で読めます。

私は36歳でパート主婦です。旦那の体臭についてですが、原因は加齢臭100%でその日によって臭いの濃度が違います。

空気清浄機の「能力」を「MAX」に引き出す!?私の困った経験

度合いとしては、寝室の空気清浄機がMAXの時はたいていの場合、旦那の加齢臭も最大限に放出しています。困った経験は、妊娠中のツワリの時が大変でした。

 

旦那の体臭は全く受け付けない、離れたところにいようが少しでも臭いを嗅いだだけで、おトイレ直行。優しい旦那なので心配してトイレに付き添ってくれるのですが、それもまた辛かったんです。

 

大切なパートナーだからこそ、よそで誰かに体臭について言われてしまっては可哀相だと日々思っていました。でも、真正面から加齢臭がするとは言えずにいたのです

 

なので「今日は汗かいたの?大変だったんだね。シャワー先に浴びてきていいよ」と言ったり、加齢臭対策のボディソープやシャンプーを購入して「安いから買ってきたよ。これ、今すごく売れてるって雑誌に書いてた」そっとお風呂場に置くことにしました。

【柿渋が撃退】あの強烈な加齢臭に期待の驚きのパワー !

本当はどこにも何の雑誌にも書いてないんですけどね。こういう嘘はいいんだと言い聞かせて伝えました。これまで加齢臭対策のケア用品は色々と試してみましたが、2年前くらいから薬用柿渋せっけんと柿渋エッセンスが入ったシャンプーを使用

 

すると毎日使い続けることで、あれだけ強烈だった旦那の加齢臭が気にならなくなったのです。仕事から帰ってきても爽やかだし、洗濯するにも以前はヒドい臭いがしていたシャツも、「普通に汗臭いな」と感じるくらいで、その消臭のパワーに驚いています

 

あとは家族だからこそ、また嫁としても旦那が他人に臭いと言われたら可哀相だと思う気持ちで接するように。そのことに関しては、傷つけないようにやんわりと加齢臭のことを伝えています。

 

その他には隣の旦那さんは、どこどこのシャンプー使ってるんだってとか、他人の加齢臭や体臭のケアについても会話の流れで伝えるようにもしました

嫌われたくないなら【家族といえども】臭いのケアは忘れずに!

ある日、使おうとしたタオルが「お父さんの臭いがする」と娘2人が大騒ぎしたことがあります。その後しばらく「最近俺って臭いのかなぁ」とすねて、冗談交じりに言っていました。私もそれに便乗して「かなり臭いよ」とひと言。

 

それからというもの旦那は娘に嫌われるのがかなり怖いらしく、ベッドにファブリーズしたり、制汗スプレーを買ってきたり、前と比べたらとても臭いに気をつけるようになりました

 

それから一緒にドラッグストアに行くのもいいキッカケ作りになっています。たまに私のシャンプー使ってもイイよと好きな香りがするシャンプーを選んでもらって、一緒に使ったりする日もあります。

 

最近は女性の加齢臭もあると聞いて、自分も気をつけるようになりました。お互い、いくら家族でも臭いのケアは忘れないようにしていきたいものですね

 

【関連記事】加齢やストレスとともに体臭がキツくなる男性は多いようですが、正直に「臭い」とは言いづらいものです。下記記事では大切なパートナーの気分を害さずに体臭のことを伝える方法ご紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

様々な場で使える加齢臭や口臭などの傷つけない教え方・伝え方のテクニック
加齢臭や口臭が臭う人が、常に自分の近くにいるのは、とても嫌ですよね。 酷い臭いがずっと続けば、吐き気や体調不良などを起こすこともあり、軽視できない問題に発展することもあります。 参考文献:]マンダム、職場の身だしなみとニオイに関する...
タイトルとURLをコピーしました