普通の洗顔料では落ちない【顔と頭の臭い】の悩みとは

体臭の悩みコラム
この記事は約3分で読めます。

私は現在44歳の独身男性で、仕事は自営業をしています。自営業といっても個人店経営なのでお客様と接する機会はものすごく多いのです。

洗顔してもまだ臭い!いったい「どこからくる」このニオイ!?

それだけに身だしなみには気をつけるようにしていたのですが、どうしても体から出る臭いってどうしようもできません。特に臭いを感じる部位は主に顔と頭で、30歳代に皮脂分泌量が増え始め、何か独特の臭いを感じるようになったんです

 

しかしこういったニオイは、朝夕に薬用洗顔クリームを使って、しっかり洗顔することで対策できました。普通の洗顔料やハンドソープではしつこい皮脂汚れは落ちきらなかったので、毎朝洗顔しても夕方には皮脂で顔がベタベタ。夕方にも洗顔することでかなりマシに。

 

しかしここ数年、40歳を過ぎた辺りから洗顔だけでは落ちない臭いがあるんです。入浴後はスッキリするものの、起床時には自分でもわかる独特の臭いが染み付いてました。しかも鼻をクンクンさせて嗅ぐと臭いはするが、どこからこの臭いがしているのかわかりません。

枕が超クサ~い!さらなる「臭い」の「原因」はこれだった!

そんなある日「もしかすると」と思い、実行したのがマクラカバーの新調。こまめな洗濯と枕も定期的に買い換えるこで、これがものすごくいい結果になりました。元々マクラカバーなんて、汚れが気になるまで洗濯なんてしていなかったのです。

 

これまでは2~3年に1回、枕カバーはシーツを買い換えた時にセットでついてくる時の交換のみ。枕自体は慣れたものの方が寝やすいので、買い替えってあまりしません。ですのでカバーだけでなく枕自体にも、私の皮脂汚れや体臭が染み付いていたみたいです

 

気づけば同じ枕を5年以上使っていたので、実際枕カバーを取って枕を見ると、汚れで変色してましたし、鼻を直にくっつけてニオイを嗅いでみたら超濃厚なおっさん臭がして、そりゃあ頭に臭いも移るだろうって感じました。

これは盲点!心がけるだけでできる【頭の臭い対策方法】とは

寝てる時って枕に頭を乗せて密着することになりますし、この間ずっと臭いが枕から頭へと移っていたワケです。改めて考えてみると、5年以上もろくに手入れをしていないので、タップリと汗を吸っていることでしょう

 

この他にも、やほこりの住み家になっていると想像するとゾッとしたのを覚えていますそれからは枕と枕カバーは買い換えてから半年~一年以内で買い替えをし、さらに枕カバーは毎週洗濯するようにしました。

 

意識しだすと気づくもので、枕カバーを洗濯して天日干しすると当日は洗濯物の良い匂いがします。今までは染み付いた体臭が頭に移っていたのに対し、この対策法をしてからは移っても洗濯物の匂いが移るだけとなり、気になっていた頭の臭いがすっかりケアされました

 

下着なら毎日洗濯しますが、寝具は正直盲点で、今はマットレスも買い替えベッドシーツも週1で洗濯するようにしているので、さらに体臭も薄くなって助かってます。これからも臭いが再発しないよう、薬用洗顔クリームでこまめに洗顔するなど心がけていきます。

 

【関連記事】頭から加齢臭がするニオイの原因は2つあります。その原因と対策については下記の記事で詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。

頭から気になる加齢臭を消す対策方法を徹底調査
年を重ねるほど、仕事も体臭対策も大変になってきますよね。 加齢臭がしている人は特に「うっかりシャワーを浴び忘れた」なんてことがあってはなりません。 今回は、頭から臭う加齢臭の対策方法について紹介していきます。 原因は2つ!頭か...

 

タイトルとURLをコピーしました