やっちゃった!?足の臭いでやらかした【鍋会の大失敗】

体臭の悩みコラム
この記事は約3分で読めます。

私は26歳の専業主婦をしています。わたしは女性ですが、とにかく足がクサイです。普段は全く臭わないのですが、仕事から帰ってきたときは超クサイんです

足がクサイ のわすれてた!靴を脱いだ時に思わずハッとしたあの臭い

家族にはいつも足がクサすぎると、驚かれていましたが、家庭内のことだったので、まったく気にしていませんでした。仕事終わりの足のニオイは、納豆をたした親子丼のような、いろんなものが混ざったような感じで、とにかく物凄く不快な臭いです

 

そんなある日、仕事帰りに友人から電話があり「家で鍋パーティーをしているからおいで」と言われました。その日はすごく暇だったので、そのまま行くことにしたのです。

 

いつもなら着替えてから行くのですが、その日はお出かけ用の服を着てたので、着替えには帰りませんでした。友人の家に着くと、玄関にすごくたくさんの靴があり、すでに10人くらい集まっていたのです。

 

私はワクワクして靴を脱ぎ、小走りでリビングルームへ。ところが、入り口のドアノブの手を伸ばした瞬間、例の納豆をたした親子丼のような臭いが、プーンと漂ってきました。私は自分の仕事帰りの足のクサさを、嬉しさのあまり、完全に忘れてしまっていたのです。

忘れた頃にそれはやって来た・・・じわじわ来る確認の順番待ちにまじビビる

しかし、いまさら「一旦家に帰る」なんて言えません。友人に替えの靴下を借りるわけにもいかないので、このまま入ることにしました。人数がたくさんいるから「もし臭ってきても、私の足からだとは絶対にわからない」だろうと軽い気持ちでいたのです。

 

そしてみんなで楽しく過ごすうち、またもやすっかり足の臭いのことは忘れていた時のことです。鍋を食べ終わり、机をどけて床でトランプをしようということになりました。

 

私もすごく気分が上がって、みんなで円を作り、座ってトランプを配っているときのことです。明らかに私の足からあの臭いがし始めて、隣にいた二人が「何かトンコツの臭いがする」と言い出しました

 

床がクサイのではという意見もあったので、みんなで臭いをかいでみるけど、もちろん違います。結局誰がクサイのかと、犯人探しをすることになったのですが、恐ろしいことに、酔っていた一人の子が、みんなの足を臭って確認すると言い出したのです

経験したことありますか?楽しいひと時が一転【あ、終わったな】と感じた瞬間

私は心の中で「こりゃ、もう終わったな」と確信しました。次第にその子が私の近くまで来て、私の足の臭いを嗅ぐと、すごい顔をして「うわっ!く、クサイくさい」と大きな声で叫んだのです

 

みんなまさか私だと思っていなかったらしく、手を叩いて大笑いして私は顔が真っ赤に。仕事帰りだから、たまたまだよと、必死で弁解するも伝わらず、皆の前で大恥をかくことになりました

 

そのことは今もなお、みんなで集まる時は必ず言われ、すごく恥ずかしい思いをしています。その日の失敗をもう繰り返さないためにも、仕事帰りには絶対にそのまま遊びに行かないと決めてます。もうあんな思いは二度としたくありません。

タイトルとURLをコピーしました