ゾっとする、、自分の口臭ってこんなに臭かったの!?その【原因は歯垢】にあった!

体臭の悩みコラム
この記事は約3分で読めます。

私は27歳の会社員で男性です。「息がクサいよ」これはまだ学生だった頃、母から毎朝決まって指摘された一言です。

面倒クサい…そんなワケでようやく理解できた【歯磨きの大切さ】

その前より私は歯磨きが面倒クサくなり、日に一度すら歯を磨かないことが度々ありました。今となっては不潔で恥ずかしい話ですが、明日磨けばいいだろうと毎回ごまかしては磨かなかったのです。

 

夜にお菓子やジュースを飲食するのが習慣になり、そのくせ歯は磨かない。成人になるとタバコに手を出す始末で口臭がヒドくなるのは明らかです。それからしばらくして、花粉が飛び舞う時期にマスクをして外出したことがありました。

 

帰宅してから何の気なしにそのマスクのニオイを嗅いでみたんです。すると、真夏のドブ川のニオイが。ニンニク臭のレベルではなく、それよりもヒドい口臭をハッキリと感じ取れてしまったのです。この時になって、ようやく理解しました。歯を磨くことの大切さを。

時すでに遅し!?一度のケアでは解消できない【真夏のドブ川化】した口臭

幸い歯は丈夫なほうだったようで、虫歯は一切無かったのですが、日頃こんなにクサい口臭を周囲に振りまいていたのだと思うとゾッとしました

 

焦った私はスグに歯を磨いて再度確認したのですが、真夏のドブ川化した口臭は変わりません。十数年に渡り歯磨きをサボっていたのですから、一度の歯磨きでどうにかなる話で無いのは納得できます。

 

ブレスケアも当時はシート状のもので種類が豊富あり、いくつか試してみたところ、不快な感じなくなりましたが効果が短くスグに断念。次に色々と調べた結果、歯垢が口臭の原因ではないかと考えにたどり着いたのです。

 

その日からさっそく食生活の改善と徹底的な歯磨きをすることに。それまでの夜に常食していたお菓子は禁止、飲み物も水かお茶を飲む。それから可能な限り口臭をまき散らさないよう配慮するようにしました。

【歯垢を除去して】ようやく息リフレッシュ!

それからは、歯磨きは歯垢除去の定番である「酵素入りの薬用歯磨き粉と回転歯ブラシ」を使うことに。特に歯垢がたまりやすい歯の裏側を一本一本念入りに磨きます。

 

つづいて歯と歯の間は歯間ブラシと併用して糸ようじを使い、しっかりと歯垢を取り除いて最後はマウスウォッシュをする。これを毎日の食後、寝起きと就寝前に必ずやるようにしたのです。

 

人としては、基本的なことを始めてから2ヶ月が経ったころ、ようやく口臭が気にならないレベルまで対策できたのです。しかも、食生活も見直したことにより体重も減りました。

 

それまでは歯の磨き方も分からず、自分の口臭なんて気にもしませんでした。しかし今では日常生活において、不安感や人間関係のトラブルの一つにも臭いが深く関わってくると実感しています。

 

私の場合は極端な例だとは思いますが、これからも歯磨きを面倒クサがらず、しっかりと口臭のケアに取り組んでいきます。

タイトルとURLをコピーしました