脇の【酸っぱいニオイ】気をつけるべき大切なことは!?

体臭の悩みコラム
この記事は約3分で読めます。

私は20代の専業主婦です。子どもの頃から鼻が利きやすく、周りのニオイに敏感です。嫌なニオイや苦手なニオイを嗅ぐと、すぐにえづいてしまうほど敏感な嗅覚で、自分の体臭にもスグに反応してしまいます。

加齢臭でも腋臭でもない!どうしても気になる自分の体臭

もともと母親がワキガでニオイが強いほうなので、思春期になると、母親の体臭が気になって仕方なかったのです。ワキガは親から遺伝すると聞いたことがあったので、自分にもニオイが遺伝してしまったらどうしようと、いつも悩んでいました

 

また、母はニンニクなどの香辛料も好きで、それも体臭に影響するのが嫌でした。おろしニンニク独特の強いニオイです。また、父はタバコを吸っており体中がヤニ臭く、加えて水虫で足のニオイもひどかったので、いつも吐きそうでした

 

幸いワキガも、父の水虫体質も遺伝しなかったので、今ではそれらのニオイで困る事はないのですが、私自身にも気になるニオイがあります。周りからは気にし過ぎだと言われますが、やはり鼻に障るのです。それは、ワキのすっぱい汗のニオイです

あなたは大丈夫?超鼻につくそのニオイの原因と対策

原因は、さまざまな疲労原因が重なったこと。そうした時に出る乳酸が溜まりすぎて、汗と混ざり、分泌されるとそのようなニオイがしてしまうそうです

 

寝苦しい夜が続いて上手く眠れなかったり、夏バテ気味で食欲が落ちたり、ダイエットしようと無理な運動をした時は、決まって汗の出が悪く、特に鼻につきます

 

私の場合は特に夏の時期がひどく、シャツのワキ周辺についたそのニオイ強く、洗濯しても落ちない時もありました。夏なんて、みんな汗をかくから仕方ないと、割り切れればよいのですが、何分鼻が利いてしまうため、いくつか対策をとることにしたのです

 

まず第一に、夏でもシャワーではなく、ぬるめのお風呂に入ること。その次がダイエットを目的とした軽い運動で、これは新陳代謝を狙います

 

少しぬるめのお風呂に浸かると乳酸の排出が促され、汗に混じる量を軽減することができます。とはいえ、私は夏でも42℃くらいの熱いお風呂に入るのが大好きなので、ぬるいお風呂はとても物足りません。

何てったって、【疲労を溜めない事】が重要

そして無理なダイエットをしようとせずに、バランスのとれた食事を摂ることです。あと、疲労の回復にはビタミン類やたんぱく質、糖質など様々な栄養素が必要になってきます

 

ダイエット中だから糖質をカットする、脂を絶つ、などといった極端なことをしないように心がけました。運動も楽しくできる範囲にとどめ、ストレッチやヨガなどのリラックスできる運動だけです

 

肩周りは凝りやすく、疲れの原因になるので、重点的に動かします。部屋にはエアコンがないので、寝る時は保冷剤や扇風機用の保冷シートを使って暑さをしのぎました。このような生活を続けたら対策に成果があり、前よりワキの酸っぱいニオイが軽減されたのです

 

現在では、お出かけする時は念のため、クリアネオというデオドラントクリームをつけて、一段とワキのニオイの対策をしています。酸っぱいニオイを減らすには、疲れを溜めすぎない事。これからも注意して、生活していきたいと思っています。

 

【関連記事】ワキガが始まる仕組みについては下記の記事で詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてください。

ワキガの原因と汗のメカニズム
ワキガは個人的な特徴であると同時に、とってもデリケートな疾患でもあります。妻は子供のころから「汗っかき」だったようで、私と出会ったときには多汗症とワキガが併発していました。 あなたの症状はどうですか?ワキガのタイプは人それぞれ違います...

 

 

タイトルとURLをコピーしました