片道2時間も!?更に【悪化したワキガ】に電車通学は深刻だった

体臭の悩みコラム
この記事は約3分で読めます。

私は現在40歳の男性で会社員です。ワキガで悩みだしたのは高校一年生の時です。実際は小・中学生時代からすでに、ワキガだったのかもしれません

私が生み出した【ワキガ臭】必殺脇閉め対策案とは

高校一年生の時のクラスメートにズバズバとハッキリ物事を言う友人がいて、この友人から「お前ワキガだな!」って指摘されて初めて気づきました

 

ワキガの種類は汗の臭いが原因の部類です。小学生・中学生とクラブ活動は文化部、放課後は自宅にすぐに帰って、ゲーム三昧な日々を送っていたため、ちょっと暑かったり運動したりすると大量の汗をかく体質になっていたのです

 

小、中学校では、通学時間が徒歩5分以内で、汗をかくことはなかったんですが、高校は自転車でも20分かかる距離で、暑い時期は朝からたくさん汗をかいてました。

 

この汗がワキガ臭を放っていたんでしょう。この頃はクラスメート達には悪いんですが、有効的な対処方法をしていませんでした。制汗スプレーを買うにしても、それなりのお金が必要だったからです

 

毎月のわずかなお小遣いから、捻出するのはとても厳しいので、いつも出来るだけ脇を閉めて、臭いが周囲に漏れないよう、気遣うことをワキガ対策にしてました

 

それで高校生活はなんとかやり過ごせたので、実際に夏場やものすごい汗をかいた時以外は臭いもそれ程ひどくなかったんだと思います。

【困ったニオイ】はトイレで制圧

しかし大学生になってそのワキガが悪化。ここでも問題となったのが通学です。私は地方在住だったので、大学まで電車で片道2時間半かかります。

 

のんびりの2時間半らいいですが、朝の通勤ラッシュの時間帯に乗車。普通の大学生なら通勤時間と通学は被らないんですが、遠方から通学しているので、早く家を出る必要があり通勤ラッシュと丁度出くわしていました。

 

人が多すぎて電車内はものすごく蒸し暑く、汗もダラダラと流れ出て止まりません。学校に着く頃には、一仕事終えたってぐらい疲れきってました。

 

大学に着くころには、自分自身でも汗のムワっとした臭いがわかるほどで、高校時代の比じゃありません。だからといって、通学時間の変更はできるわけでもなく、学校近くで一人暮らしなんて絶望的で、どうしようもなかったのです

 

そこで私のとった対処方法は、電車を乗り換える度に、駅構内のトイレで制汗スプレー対策とタオルで汗を拭き取ること。

 

制汗スプレーは学校に着くまでに2~3回、昼食後にも1回、帰り道も1回と1日最低でも5回は使用。それにより制汗スプレーはすぐ無くなり割かし大変でした

なんとかしないとマズイ!?汗が大量に噴き出た場合の対処法

大学生ということで、小遣いが増えたのと、アルバイトもするようになったので、お金を用立てることは出来ましたが、汗のケアにはかなりお金を使いました

 

汗拭きに関してですが、ハンカチだとすぐ汗でグショグショになるので、常にタオルを持ち歩く。しかも小さいのではなく、大きめのフェイスタオルを二枚。帰りはマシなんですが、朝の通学でかく汗が大量すぎて、そこで一枚使ってしまうほど

 

おかげで、大きめのカバンを持たなくてはいけないので、なにより不便でした。今も汗かきのままですが、仕事は車通勤の室内はエアコンが効いてるデスクワーク。なので仕事中は汗をあまりかかずにすんでいます

 

一応今でも制汗スプレーは携帯してますが、学生時代と比べるとワキガは軽くなり、どうにかその場をやり過ごしているところです

 

【関連記事】汗をかくのは自然のことなのですが、異常な発汗は多汗症という病気の可能性もあります。もしあなたが人より大量に汗をかくタイプであれば、ぜひ下記記事を参考にしてみてください。

日常生活に支障をきたす【多汗症】の原因とは?
汗をかくのは自然のことなので、人より多めの汗をかくとなると「汗っかき」と片付けられていまいますが、異常な発汗は多汗症という病気の場合もあります。 ワキガというのは、周囲にニオイという生理的不快な思いを拡散してしまう疾患、体質ですが、そ...

 

タイトルとURLをコピーしました