妻のワキガ…伝えるべきか!?家族だからこそ【解決できた】こと!

体臭の悩みコラム
この記事は約3分で読めます。

私は29歳の男性で不動産の営業をしています。一緒にいる時間が増える一方で、妻の体臭がキツイと感じていました

気づいていない!?妻に伝えてあげたい重要なこと

ニオイとしてはワキガ臭で、一緒に歩いていても食事をしていても体臭が気になり、食事の時は食欲が出ない時もありました。一番気になるポイントとしては、一緒に歩いていて、妻の体臭が他人にはどのように思われているか

 

恐らく妻より私の方が気がかりでドキドキしていて、しかも妻自身も自分のワキガ臭に気が付いていないと思っていたので、とても悩んでいました。でも夫として、このままではお互いのために良くないと感じはじめたのです

 

悩んだあげく外食に誘い、思いっきって体臭について伝えることに。食事の場も個室を設けて他の人に聞かれない様に配慮して、直接ストレートに「体臭がきつく、ワキガ臭がする」と伝えました

 

彼女は一瞬驚いた様な顔をした後に、しばらく顔をうつむき何も話そうとしません。いつも明るく元気な妻なので、見たことがない様子に私もどうして良いのか分からなくなりました。

 

しかし、これからも人生をともにしていく私達にとって、非常に重要なことなので続けてしっかりと自分の意思を伝えたのです。すると妻は泣きながら自身のワキガ臭について自覚はあり、我慢していたことを打ち明けてくれました

一人で悩まないで!「夫婦で決意」した対策

私はてっきり自身の体臭については気付いていないと思っていたので、とても驚きました。また体臭がキツイのは知っていたけど、どうしていいのか分からなく、いつも不安でいたことを妻から聞いたのです

 

一旦帰宅した後、さらに話し合った結果、二人で体臭の対策を始めることを決意。早速、体臭について調べてみると、体臭にも多くの種類があり、先ず自身の体臭を理解する必要があることがわかりました。

 

そうして二人で、ワキガを専門にしている病院に行き、妻の体臭の原因を突き止めることができたのです。原因としては汗によるものと体質という事がわかり、普段の食生活を見直すことから始めることにしました

 

肉類や香りが強い食材をひかえ、魚と野菜中心の食事にして、汗はこまめに拭く。ボディソープは薬用せっけんに変えて、制汗スプレーや汗のニオイを消すアイテムでケアを続けたのです。

人生が変わった!「後悔しないため」に「伝えて良かった」こと

その後もあまり極端に気にしないことも対策の一つとアドバイスを貰い、ワキガのケアを徹底的に行いました。始めたばかりのころは焦って早く対策して、逆効果になった時期もあったのですが、こうして毎日ケアを意識する事で、妻のワキガ臭は一気に減少したのです

 

合わせて食生活の見直しによって、ダイエットのたすけにもなり、現在の妻はケア習慣がつき、結果を楽しみながらしています。私自身もデートしている時などに、体臭が気になるようであれば、妻から直接言うようにお願いをしました

 

あれだけ悩んでいた妻のワキガ臭が少なくなって、私達の人生が変わったかのように全くストレスがない生活を過ごすことができています。体臭のことを妻に伝えた時はどんなことよりも辛かったのですが、もしあの時伝えていなかったらと思うと後悔で気が遠くなります

 

今では夫として、妻の体臭を対策できたことを本当に良かったと感じます。これからも家族だからこそ悩みに向き合い、解決できることは前向きに取り組み、一緒に体臭のケアに取り組んでいきます。

 

【関連記事】自分の気持ちは言葉にしなければ伝えることはできません。下記の記事では私の事例も紹介しながら伝え方について具体的に解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

ワキガって本人は気づかない…傷つけないで伝える方法
ワキガはデリケートな部分もあるため、誰でも本人に向かってそのことを伝えづらいものですよね。 上司や同僚、後輩。旦那さんや奥さん。さらに恋人や親しくしている友達。 そういった人がワキガだった場合「傷つけてしまうかも」と考えると、本...

 

タイトルとURLをコピーしました