体臭を「なた豆」と「コーヒー豆の力」で対策!?その気になる結末とは

体臭の悩みコラム
この記事は約3分で読めます。

私は31歳女性、結婚6年目の兼業主婦です。主人は4つ年上の同じ会社勤めで3人の子どもがいます。主人の体臭ですが、はじめのうち年齢相応の加齢臭ぐらいだったのです

もう耐えられない!【主人の体臭】なるべく距離をおきたくなるワケ

結婚生活が長くなり私が子どもを出産すると、体質の変化なのか妊娠中から臭いに関しての嗅覚がものすごく敏感になりました。それまでは何も気にとめなかった主人の体臭が、耐えられないと感じるようになったのです

 

臭いのもとは口臭や足の蒸れた臭い、脇や耳の裏からでる加齢臭など。口臭はニガい生ゴミ臭で、加齢臭は熟成しすぎた古いチーズのような臭いです口臭は隣に座って話しをしているとダイレクトに臭っていました。

 

そもそも話す気がなくなってしまうほどクサく、その口で子どもにキスしないでほしいと、いつも思っていたのです。それだけに私自身は絶対無理といった感じで、夫婦仲は良いのにこのような感情を抱いてしまうのがとても悲しく困っていました

 

主人が外から帰ってきたら、すぐにアロマを部屋いっぱいに焚いてなるべく距離をおいたり、靴をコッソリ離れたところに置くなど、大変面倒クサいこともしてたのです。

一緒に試すことがポイント !【言いづらい】大切なことの伝え方

しばらくは我慢していたのですが、さすがに臭いのことを主人に気づいてもらおうと考え、最初はんわりと伝えるように「あの店員さん口臭が酷かったね、私たちも気をつけよう」と第三者を引き合いに出して、ケア商品を勧めてみたのです

 

続いて「私最近、体臭が気になるから薬用石鹸に変えたの、あなたも使ってみたら」と自分のついでにといった感じで促してみたりしました。しかし主人は全然気にしていない様子で、自分の使ってる石鹸が一番だと全く取り合ってくれません

 

そんなことを数ヶ月粘りましたが、最終的には私が耐えることができず、ハッキリと臭いのことを告知することに。本当に言いづらい部分でしたが、社会的にも大切なことなので「今はそんなに酷くはないんだけど、以前から少し口臭とか足のニオイが気になる」と。

 

続いて加齢臭の件も「疲れとかもあると思うんだけど、せっかく他が素敵なのにちょっと臭いがあるともったいないよ、色々買ってきたから一緒に試してみよう」と主人の目を見ながらハッキリ伝えたのです

対策バツグン!イライラ解消!「豆」な「努力」のおかげです

主人はそれなりにショックを受けたようですが理解してくれて、すぐに対策の努力をしてくれました。まず食生活の見直し、口臭には少しお高めですが効果に期待ができる「なた豆歯磨き粉」を使ってくれました。

 

体臭対策には「AGプラスのデオドラントスプレー」を常に持ち歩いています。足の臭いには「コーヒー豆を乾燥」させたお手製の匂い袋と、木炭を靴や靴下に突っ込むようにして対策。こちらの臭い対策はバツグンで解決済み。

 

なた豆の歯磨き粉と食生活を見直すことで、徐々に口臭ケアもOK。今では隣で楽しくおしゃべりできるようになりました。加齢臭は完璧に解消していませんが、気にならない程度になったのです

 

主人は毎日どれも使ってくれて、今後も引き続き続けてくれると約束してくれました。最近は臭いでイライラすることなく楽しく暮らせているので、体臭ことを伝えて良かったと本当に心から感じています

 

【関連記事】体臭などの言いにくいことも、さりげなく相手をフォローするひと言を知っておけば大丈夫。下記の記事では私が日ごろ活用している伝え方を紹介しています。他人の体臭が気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

様々な場で使える加齢臭や口臭などの傷つけない教え方・伝え方のテクニック
加齢臭や口臭が臭う人が、常に自分の近くにいるのは、とても嫌ですよね。 酷い臭いがずっと続けば、吐き気や体調不良などを起こすこともあり、軽視できない問題に発展することもあります。 参考文献:]マンダム、職場の身だしなみとニオイに関する...

 

タイトルとURLをコピーしました