人と【すれ違う】ことが苦痛、これも一つの試練です!

ニオイの悩み体験談
この記事は約3分で読めます。

私は35歳の男性、会社員です。気になる体臭についてどの様に解決する方法があるか、10年位前から悩んでいました

まず第一に「ストレス」にならないことを意識

まず第一に、他人の反応が怖いということがあります。毎日お風呂に入ってますが、仕事帰りの信号待ちで、私の近くにいる人たちが、すれ違った途端に鼻を手でおさえたり、咳払いや鼻をすするのをわざとらしく聞かせてくるのです。

 

最初は気にしていなかったのですが、先日では、学生たちが眉間にシワをよせ「なんか、クサねぇ」と私を見ながら、小声で話しているのを聞いて、その時は本当に自分がイヤになりました。

 

こういったことは日常的にあるので、とにかくストレスにならないことを、まず第一に考えています。前例はまれに連鎖的に行われることもあるし、ニオイに最近なれてしまったせいか、自分では臭ってないと思っていても、周囲の反応が精神的にこたえます。

 

そのため、どこに行くにしても他人の反応が不安で、自宅に帰るときには、できるだけ人通りのない道を通ってみたり、人通りが少ない時間にずらして帰ってみたり、ということをしていた時期もあります。

忍者か野生動物か!?どの道これが私の任務です

人からすれば、無駄な徒労のように見えてしまいますが、結果的にはストレスを軽減できていたので、私にとっては大いに意味があると感じています。

 

たとえば大勢と過ごしたり、すれ違う前には、一通りの体臭のケアをするわけなのですが、それでも反応は気になります。深呼吸をしてはやる心臓を抑え「イザ出陣」かのごとく飛び出していくのです。

 

一般人なら、なんのことはない普通の行動さえも、私にとっては、一歩を踏み出すことは「戦地でかっ歩」するがごとくの行動になってしまいます。できるだけ人口密度の低い場所を見つけ出し、端っこの方を通るようにします。

 

めざとく街中で休憩場所を見つければ、迷うこと無く寄って、体臭チェックとケアは欠かせません。どの道、人の少ない場所を通ることが自分の任務になるので、行動が忍者とか野生動物じみたものになってくるのです。

日常生活の妨げに…試練が地味にキツイ

私のことを知っている人がやってくると、咳払い、鼻押さえ、わざとらしい咳が待っています。仮に臭くなくてもそうした行動を取られることもあります。こんな感じで、人とすれ違うことは一つの試練と考えているのです。

 

悩み始めてから、どれほどの試練を乗り越えてきたでしょうか。普通の人が普通にこなすことが、普通にできない、難易度が高い人生ですが、もう少しだけ普通に生きてみたいという思いは強くなるばかりです。

 

体臭って、自分では臭く感じていなくても、他人からすれば迷惑なものでしょう。もう少しニオイに気を使って、ストレス無くして普通に過ごせるように、これからもしっかりと対策をしていきます。

 

【関連記事】ストレスを抱えたまの人生を送るのか、それとも決意して違った人生を選ぶのかは、あなた次第です。まずはそのニオイの原因が何なのか突き止めましょう。

ワキガは何科で治療できるの?
ワキガの悩みって一日でも早く治したいけど、何科に行けばいいのか分かりませんよね。 私自身、妻のワキガを一日でも早くどうにかしたかったのですが、どんな医療機関で受診するのか、何科で診てもらえばいいのか分からず、本格的なワキガの治療を始め...

 

タイトルとURLをコピーしました