ワキガで数えきれないほど悩んだ学生時代…【手術に踏み切った】覚悟とは!?

体臭の悩みコラム
この記事は約3分で読めます。

30歳の女性、専業主婦です。私が自分の体臭で悩み始めたのは高校生になってからです。それが脇の臭いだと気が付いたのは中学生のころですが、高校生になってからは臭いがキツクなりました

今すぐなんとかしたい!?主な症状と私がとった対策

母からは気のせいだと言われ、気にしないようにしていた時期もあります。しかし、ワイシャツの脇の部分に常に黄色くついた汗染み、冬でもブレザーの上からでも臭う脇、これは異常だと感じました

 

夏も当然、臭っていると自分で感じていましたが、冬は衣服の通気性が特に悪く、さらに臭いがこもって余計つらかったです。私はこの臭いをなんとかしたいと思い、自分なりに図書館や本屋で調べました。

 

そして、一番初めに行った対策が脇毛の処理毛が生えているほうが、臭いがこもりやすいと本に記載があったので、ピンセット使って処理したのです。痛かったですが「これで臭いが軽減されれば」と思いながら処理しました。

 

ですが成果はわずかしか得られません。次に香水と脇汗パッドを試すことに。香水も雑誌から仕入れた情報で、脇汗パッドはドラッグストアで偶然見つけて、効果を期待しました。

【辛いワキガと決別】迷わず手術を決意!

ところが香水を使うと脇の臭いと混ざって、これも逆効果。かえって悪臭を放ち、脇汗パッドも頻繁に交換しなければならないとわかり、私は臭いの根源を何とかしようと考えました

 

そこで次に始めたのが、食生活の見直しです。これは図書館で見つけた情報を参考にして、野菜を中心とした食生活に変えてもらいましたですがこれもまた、わずかな変化しか見られません。そんなことで悩んでいた時に、衝撃的なことが起こりました。

 

クラスの男子が、私の臭いのことを言っていると耳にしてしまったのです。私は「やはりワキガなんだ」とこのとき改めて実感。そして、それまで以上にワキガのことについて調べ、ついに都内の病院で、手術を受けることを決意したのです

これで【ワキガの悩みから解放される】人生における大きな転換期!

保険がきかず、当時30万円以上の手術費用だったので迷いましたが「この臭いがなんとかなるのなら」と思い、今まで貯めていた貯金をくずし、ワキガ手術のことを母に頼み込んだことを今でもハッキリと覚えています。

 

手術は日帰りで、それほど時間はかかりませんでした。学校もなんとか通えて、痛みが引くころ「臭くない!」と実感できたのです。このときの喜びは一生忘れないでしょう

 

それからの私は今までと変わって、明るい性格になりました。物事の全てをプラスに考えられるようになったのです。自信がつき何事にも積極的。彼氏もできて青春を楽しめました。なので、ワキガでお悩みの方がいたら、早めに対策してほしいです

 

【関連記事】ワキガを根元から断つには、アポクリン汗腺を完全に除去するしか方法はありません。それが手術のいうことになるのですが、まず何科の医療機関を受診するのがベストなのかを下記の記事で詳しく説明しています。

ワキガは何科で治療できるの?
ワキガの悩みって一日でも早く治したいけど、何科に行けばいいのか分かりませんよね。 私自身、妻のワキガを一日でも早くどうにかしたかったのですが、どんな医療機関で受診するのか、何科で診てもらえばいいのか分からず、本格的なワキガの治療を始め...
タイトルとURLをコピーしました